TOP > 副作用や使用禁忌

シアリスを服用する上で注意すべき副作用や併用禁忌薬について解説しています。

副作用には注意しよう

予防策を考える医師

どんな医薬品を使用する場合であっても、必ず気をつけておかなければいけないのが副作用です。

医薬品にはさまざまな成分が含まれており、それらのはたらきによって病気や症状を治療してくれます。

病原菌に対しては非常に強力な成分なのですが、強力すぎるがゆえに人体へ悪影響を出してしまうことがあります。

また、その医薬品が発揮する効果から、どうしても思わぬ部分へ影響が出てしまうこともあるのです。

シアリスにもやはり副作用が確認されていますので注意しましょう。

とはいえ、先ほども言ったように副作用はどんな医薬品にもあるものです。

個人輸入代行サービスを利用して購入したから副作用が出たとか、シアリスを服用したから副作用が出た、というわけではないので安心してください。

シアリスを服用してED治療をおこなおうと考えている場合は、まずシアリスによる副作用をしっかり理解しておきましょう。

そうすることで、万が一副作用が発症した場合でも冷静に対処することができますよ。

シアリスによる副作用の代表的な症状が、頭痛や顔のほてりです。

これはシアリスだからというわけではなく、ED治療薬全体に共通している副作用です。

ED治療薬には血流を良くして、ペニスへ再び血液がしっかり流れるように促してくれる効果があります。

そのため、ふだんよりも血液の流れが活発になり、そのせいでこうした副作用がどうしても出てしまうのです。

シアリスを服用すれば頭痛や顔のほてりはどうしても出てしまいがちですが、症状としては非常に軽いものとなっています。

シアリスの効果が切れれば、同時にこれらの副作用も治まっていくので安心してください。

ただし、副作用には個人差があります。

そもそもこれらの副作用が発症しないという人もいますし、思いのほか副作用が重く発症してしまう人もいます。

もし耐えられないほどの副作用が出た場合や、シアリスの効果が切れたからもこれらの副作用が長く続いている場合はすぐ医師に相談するようにしましょう。

この他にもシアリスによる副作用には種類がありますので、服用する前にしっかり目を通しておくようにしましょう。

併用禁忌薬に注意

シアリスを服用する場合に注意しなければいけないのは、副作用だけではありません。

併用禁忌薬のこともしっかり知っておかなければいけません。

併用禁忌薬とは、飲み合わせが悪い医薬品のことです。

シアリスと同タイミングで服用してしまうことで、各医薬品の持つ本来の効果を発揮しないだけではなく、人体へ大きな悪影響を及ぼしてしまう危険があるのです。

もしすでに何かの医薬品を服用している場合は、まずシアリスの併用禁忌薬に指定されていないかどうかをチェックするようにしましょう。

シアリスとの併用を禁止されている医薬品として、代表的なのが硝酸剤です。

硝酸剤は血管拡張薬です。

心臓付近の血管を広げ、血流を良くすることで心臓への負担を軽減してくれる医薬品です。

狭心症などに用いられる医薬品なのですが、こうした硝酸剤とシアリスを併用してしまうと互いの効果が重なり合って、急激に血圧を下げてしまう危険があります。

場合によっては命の問題にも関わってきますので、硝酸剤をすでに服用している人はシアリスの服用を避けた方がいいでしょう。

シアリスはED治療をおこなっているクリニックで処方してもらうこともできるのですが、こうした併用禁忌薬を服用している患者には処方されないこともあるので、その点はあらかじめご了承ください。

服用しても大丈夫かどうかの確認

硝酸剤のように、シアリスの併用禁忌薬として有名な医薬品を服用している場合なら、すぐに「自分はシアリスを服用できない」とわかるでしょう。

しかし、自身がふだん服用している医薬品が硝酸剤に該当するのか、もしくは他の医薬品を服用しているがシアリスを併用していいのかわからない、ということもあります。

では、みなさんがシアリスを服用してもいいのかどうかを判断するためには、どうしたらいいのでしょうか。

まず最も簡単な方法は、インターネットを使って調べてみることです。

現在はネット上でほとんどの情報を調べることができるようになっています。

医薬品に関する情報もネット上に溢れており、シアリスを服用できない人の条件も簡単に調べることができます。

硝酸剤を服用している人はもちろん、過去にシアリスを服用してアレルギーが発症したことのある人や、3ヶ月以内に心筋梗塞を起こした人などもシアリスを服用することができません。

自分自身が何か当てはまっていないか、まずは調べてみましょう。

ですが、場合によっては命の危険にも関わってくる問題ですので、ネットだけでは信用できないという人もいるでしょう。

その場合は医師に相談するのが一番確実です。

ED治療をおこなっているクリニックであれば、シアリスを服用してもかまわない状態なのかどうかを的確に判断してくれますよ。

ただし、そのためにはみなさんが正しく自分の状況を伝える必要があります。

過去に発症した病気や、現在治療中の病気がある場合はすべて医師に伝えるようにしましょう。